トップ > 地図南 > 木造不動明王立像


もくぞうふどうみょうおうりゅうぞう
木造不動明王立像
県指定 有形文化財 【指定年1955年】

●分類
 彫刻

●解説
像高88.2cm、桧(ひのき)材の一木造り。全体がふくよかな童形(どうぎょう)の立像で、平安時代末期から鎌倉時代初期の作と考えられている。胸飾(きょうしょく)・瓔珞(ようらく)・台座は後補だが、裳(も)の処理に古様がみられる。同像は秘仏であるが12年に一度酉(とり)の年に開帳される。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 成福寺 / 井原市芳井町吉井2356