トップ > 地図南 > 梵鐘


ぼんしょう
梵鐘
県指定 有形文化財 【指定年1950年】

●分類
 工芸考古

●解説
口径55.2cm、高さ90.3cm。青銅製の和鐘(わしょう)で、鐘壁には、「備中国高屋郷大高山寺洪鐘一口(びっちゅうこくたかやごうだいこうざんじこうしょうひとくち)、願主阿闍梨宥栄(がんしゅあじゃりゆうえい)、勧進聖杲球並沙弥道仙(かんじんしょうかきゅうならびにしゃみどうせん)、大工藤原家長(だいこうふじわらのいえなが)、小工藤原家永(しょうこうふじわらのいえなが)、康正二年歳次丙子十月十九日(こうしょうにねんさいじひのえねじゅうがつじゅうくにち)」の銘があり、康正2年(1456)につくられたことがわかり、市内でも最古の梵鐘(ぼんしょう)となる。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 高山寺 / 井原市高屋町1801