top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 地図南 > 道祖渓


どうそけい
道祖渓

県指定 記念物 【指定年1955年】
分類/名勝

解説

小田川の支流雄神川(おがみがわ)の上流約2kmにわたってできた渓谷(けいこく)で、黒い輝緑岩(きりょくがん)の台地である雄神台(おがみだい)と雄宝台(ゆうほうだい)の間を深く削って永祥寺(えいしょうじ)の南へ流れ出ている。輝緑岩の渓谷としては全国的にも珍(めずら)しい。


 所有者  永祥寺ほか

 所在地  井原市西江原町