トップ > 地図南 > 木造阿弥陀如来坐像


もくぞうあみだにょらいざぞう
木造阿弥陀如来坐像
市指定 有形文化財 【指定年1959年】

●分類
 彫刻

●解説
像高56.0cm、蓮台(れんだい)からの高さは122.0cm、寺伝では室町時代の作とされている。 膝上で弥陀定印(みだじょういん)を結び、宝髪上に大日不二の宝冠を頂き、阿弥陀如来坐像(あみだにょらいざぞう)としては珍しい様式をしている。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 高山寺 / 井原市高屋町