トップ > 地図南 > 備前焼大瓶


びぜんやきおおがめ
備前焼大瓶
市指定 有形文化財 【指定年1959年】

●分類
 工芸考古

●解説
高さ56.0cm、口縁部(こうえんぶ)のつくりなどから室町時代のものと推定される。大きく張った肩の上部に均整のとれた4つの耳をもち、口縁部から肩にかけて自然釉(しぜんゆう)がかかり、また肩から腰にかけて玉だれの垂れ胡麻(ごま)が流れている。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 善福寺 / 井原市井原町