トップ > 検索 > 一覧 > 木造十一面観音立像
8 / 90


もくぞうじゅういちめんかんのんりゅうぞう
木造十一面観音立像
県指定 有形文化財 【指定年1952年】

●分類
 彫刻

●解説
像高120.0cm、桧(ひのき)材の一木造りで、頭・身体のみならず、両腕と共木で、内ぐりもない本格的な一木造りで、平安時代後期の作風を示している。宝冠(ほんかん)、持物(じもつ)、台座、天衣(てんね)の垂下部(すいかぶ)、頭光などは後補である。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 高山寺 / 井原市高屋町1801