トップ > 検索 > 一覧 > 木造古仁泉像
13 / 90


もくぞうこかんにんせんぞう
木造古仁泉像
県指定 有形文化財 【指定年1999年】

●分類
 彫刻

●解説
総高104.0cm、木造の寄木造り。古仁泉は、信濃(しなの)の人で、諸寺を歴住した後、法泉寺の第1世となり、長禄2年(1458)2月2日に同寺で遷化(せんげ)した。頂相(ちんそう)彫刻は、特に個性的、写実的に表現するのが常で、この像も師の趣(おもむき)が十分感じとれるものになっている。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 法泉寺 / 井原市西江原町4841