トップ > 検索 > 一覧 > 金敷寺裏山竪穴式墳墓
34 / 90


かなしきじうらやまたてあなしきふんぼ
金敷寺裏山竪穴式墳墓
市指定 記念物 【指定年1975年】

●分類
 史跡

●解説
経ヶ丸山の丘陵東端、標高約180mの東へ下る尾根上にある弥生時代末期から古墳時代初期にかけて造られた方墳。石槨(せっかく)は、長さ約2.6m、幅約0.7m、深さ約0.6m。床には、男性人骨が1体、墳丘周辺より特殊器台(とくしゅきだい)・特殊壷(とくしゅつぼ)の破片(はへん)が出土している。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 金敷寺 / 井原市笹賀町