top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 重玄寺文書


ちょうげんじもんじょ
重玄寺文書

市指定 有形文化財 【指定年2005年】
分類/古文書

解説

重玄寺は、臨済宗仏通寺派(りんざいしゅうぶっつうじは)の寺院で、千畝周竹(せんみょうしゅうちく)を開山として嘉吉(かきつ)元年(1441)に建立された。重玄寺への寄進状(きしんじょう)など芳井の中世の様子を伝える文書が残されている。


 所有者  重玄寺

 所在地  井原市芳井町吉井 重玄寺 [芳井歴史民俗資料館保管]