トップ > 地図北 > 向東の宝篋印塔


むかいひがしのほうきょういんとう
向東の宝篋印塔
市指定 記念物 【指定年2005年】

●分類
 石造美術

●解説
粒状(りゅうじょう)石灰岩製の宝篋印塔(ほうきょういんとう)で、形状より室町時代後期のものと考えられる。相輪(そうりん)の中ほどより上が失われ、また基礎(きそ)の下半分も失われている。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 個人 / 井原市美星町黒忠