トップ > 地図北 > 清和寺文書


せいわじもんじょ
清和寺文書
市指定 有形文化財 【指定年2005年】

●分類
 古文書

●解説
清和寺は臨済宗建仁寺派(りんざいしゅうけんにんじ)の寺院で、臨済宗の開祖栄西(えいさい)がこの地の領主安井氏の庇護を(ひご)受けて再興(さいこう)した。中世には多くの領主より寄進(きしん)を受けており、当時の文書が残されている。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 清和寺 / 井原市芳井町下鴫 清和寺 [芳井歴史民俗資料館保管]