トップ > 地図北 > 金定古墳出土考古資料


かねさだこふんしゅつどこうこしりょう
金定古墳出土考古資料
市指定 埋蔵文化財 【指定年2005年】

●分類
 考古資料

●解説
美星町三山に所在する古墳時代後期の金定古墳より出土した須恵器。1点は器台(きだい)、もう1点は脚付長頸壷(あしつきちょうけいつぼ)である。いずれも日常生活で使用するものではなく葬送儀礼(そうそうぎれい)などに使用したものと考えられる。

●関連情報
 


●所有者/所在地
 個人 / 井原市美星町三山