top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 地図北 > 金黒山城跡


かなくろやまじょうせき
金黒山城跡

市指定 記念物 【指定年2005年】
分類/史跡

解説

標高370mの南にのびる丘陵に位置する。主郭(しゅかく)を中心に4つの郭(くるわ)からなり、主郭の周囲には土塁(どるい)、井戸などの遺構や主郭の北側には三段からなる堀切(ほりきり)が残っている。天正2年(1574)城主三村為親(みむらためちか)の時、小早川勢(こばやかわぜい)の侵攻(しんこう)により落城したといわれる。 


 所有者  個人

 所在地  井原市美星町星田