トップ > 検索 > 一覧 > 片岡銀蔵
76 / 83


かたおかぎんぞう
片岡銀蔵
【1896 - 1964】

●掲載ページ : 60

●活躍分野 : 芸術家

 片岡銀蔵は、小田郡三山村(現在の井原市美星町)に生まれ、矢掛中学校卒業後、画家を志し、大正3年、東京美術学校に進む。東京美術学校で藤島武二に師事し、洋画を学び、卒業後、フランス・イタリア・ドイツを歴訪し、その際パリで出品した作品が帝展で特選となった。帰国後は、東京でアトリエを構えたが、太平洋戦争で岡山へ帰郷する。岡山に帰郷後も精力的に作品を発表し、岡山の洋画振興に尽力した。


●関連情報