top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 稲本陽州


いなもとようしゅう
稲本陽州


 年代     1864 - 1947
 掲載ページ  61
 活躍分野   芸術家

 稲本陽州は後月郡山野上村(現在の井原市野上町)で生まれ、9歳で三村政太郎に師事し、14歳で書道を荻田雲崖に学んだ。15歳で教師証明書を受け、母校精徳小学校(山野上)の助教となり、教育の道に身を投じた。明治35年に県立高梁中学校教諭として転任し、退職するまで高梁中学の在職した。陽洲は書道に秀でていたばかりではなく、歌道を佐々木信綱に学び、詩道を熱心に行い地方文芸に貢献し、漢詩の世界では、関西に稲本陽洲あり、九州に宮崎来城ありとの評判であった。