トップ > 検索 > 一覧 > 雪舟
3 / 83


せっしゅう
雪舟
【1420 - 1506】

●掲載ページ : 10

●活躍分野 : 芸術家

 画聖と称えられる雪舟は、応永27年(1420)に備中国赤浜(現在の総社市)に生まれた。幼くして井山宝福寺(総社市)へ入り、涙でネズミを描いたという逸話を残している。その後、京都の相国寺へ入り、当時、相国寺にいた日本の水墨画を代表する周文からその薫陶を直接受けた。天賦の才能に恵まれた雪舟は、やがて京都では名の聞こえた画家となる。
 さらに、中国に渡って絵の勉強をするべく雪舟は、応仁元年(1467)中国の地を踏み、中国では各地を回り、足かけ3年にわたり画法を磨いた。その中でも、天童山景徳禅寺では、「四明天童山第一座」という高位の称号を受け、雪舟は後世このことを誇りとして、作品にもはっきりと署名している。
 帰国後は、周防国(現在の山口県)の雲谷庵を拠点として石見国(島根県)、豊後国(大分県)と活躍の場を広げ、多数の作品を残している。そして、67歳の時に、雪舟の作品中最高傑作といわれている「山水長巻」を守護大名・大内氏に贈っている。雪舟の創作活動は晩年まで衰えることなく、岐阜の正法寺、清水の清見寺などへも足をのばすとともに、82歳の頃には天橋立を巡り、その風景を写生している。雪舟最後の地については、山口市の雲谷庵、益田市の大喜庵、岡山県芳井町の重玄寺など諸説がありはっきりしないが、永正3年(1506)87年間の生涯を静かに終えた。
 最後の地の候補のひとつ芳井には、晩年、芳井町天神山にある重玄寺の開基千畝周竹を頼って訪れたと伝えられている。



●関連情報