top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 千原英舜


ちはらえいしゅん
千原英舜


 年代     1812 - 1890
 掲載ページ  22
 活躍分野   医師

 千原英舜は、長門国阿武郡渋木村(現在の山口県長門市)の医者であった中村家に生まれる。その後、後月郡高屋村(現在の井原市高屋町)に一家で移り、英舜は父とともに諸国で医術の修行をおこなった。
その後、英舜は、修験の金蔵院怪道の養子となり、さらに天保11年(1840)には大坂に出て藤田仲達、緒方洪庵に学び、翌年には江戸で佐藤泰然に学んでいる。また、緒方洪庵の弟子として、洪庵が足守で開いた除痘館で種痘活動をおこなった。