トップ > 検索 > 一覧 > 尾砂子
25 / 83


おさご
尾砂子
【不明 - 1702】

●掲載ページ : 25

●活躍分野 : その他

 旗本池田家は、もともと備中松山(現在の高梁市)藩主で、6万5千石の大名であった。しかし、松山藩二代目の池田長常が亡くなり、池田家は断絶する。この際、池田家の断絶を悲しみ、家名存続を幕府に訴えたのが長常の弟で旗本池田家の初代当主である長信の乳母の尾砂子という老女であったと伝えられている。その結果、池田家は千石の旗本として家名を残すことができ、尾砂子は明神様として祀られた。現在も井原町にある井森神社の境内には、尾砂子明神が残され、有志による尾砂子講によって守られている。


●関連情報