top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 北条早雲(伊勢新九郎盛時)


ほうじょうそううん(いせしんくろうもりとき)
北条早雲(伊勢新九郎盛時)


 年代     1432(1456) - 1519
 掲載ページ  8
 活躍分野   武士

 戦国時代の魁として知られる北条早雲は、室町幕府の政所執事役の伊勢氏の一族で井原地域を治めていた備中伊勢氏の出身とされる。北条早雲は、当時の史料では、伊勢新九郎盛時(長氏)と名乗り、本人は北条早雲と名乗ったことは無く、北条姓を名乗ったのは息子の氏綱からである。
 盛時の父盛定は、当時の政所執事役の伊勢貞親の義弟として幕府の中枢で申次衆となり活躍していた。その息子盛時は、父盛定に家督を譲られた後、九代将軍義尚の父と同様に申次衆として活躍している。さらに、姉(妹という説もある)の嫁ぎ先である駿河の守護今川家の家督争いを収め、今川家と幕府との間に立ち、興国寺城(沼津市)の城主として駿河国に留まった。その後、盛時は内紛していた堀越公方の伊豆国を平定し、さらに分裂していた関東管領上杉家や古河公方を一掃し、相模国を手中におさめた。
 盛時(このときはすでに宗瑞と号していたが)は、領国経営にも手腕を発揮し、盛時が先駆けて行った領国経営は、関東八州、五第百年にわたる北条家の繁栄を築くとともに、後の戦国大名の模範とされた。
 永正16年(1519)、88歳(一説によると64歳)の生涯を閉じた。室町幕府安定のために派遣された幕府の青年官僚盛時は、室町幕府の衰退という時代の中で、関東安定に乗り出し、先駆的な戦国大名として後世に名を残した。