top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 柳本瀧三郎


やなぎもとたきさぶろう
柳本瀧三郎


 年代     1844 - 1922
 掲載ページ  38
 活躍分野   財界人

 柳本瀧三郎は、後月郡井原村(現在の井原市井原町)の庄屋などを務めていた柳本家に生まれた。幼少の頃より興譲館の阪谷朗廬に学び、安政4年、14歳にして庄屋見習いを命ぜられた。明治維新後は、井原村の戸長を務めた。また、明治22年、井原銀行を設立、明治26年には井原織物を興し、井原地方初の動力織機を設置した。
 印刷業にも力をいれ、度々上京しては、印刷技術を持ち帰り現在の柳本書店印刷部を興した。