top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 馬越恭平


うまこしきょうへい
馬越恭平


 年代     1844 - 1932
 掲載ページ  44
 活躍分野   実業家

 馬越恭平は、後月郡木之子村(現在の井原市木之子町)に代々医者をしていた家に生まれた。興譲館の阪谷朗廬のもとで学んだ後、大坂に出て鴻池で丁稚奉公し、さらに明治6年、井上馨が起こした三井物産の前身である先収会社に入り、明治10年には横浜支店長に、さらには明治26年には常務理事に就任し、会社の発展とともに恭平はその地位を固めた。
 明治維新後、普及し始めたビールは当初税金がかけられていなかったが、軍拡のあおりを受け、麦酒税がかけられるようになり、明治後期はビール業界が経営難に陥っていた。三井物産の子会社であった日本麦酒(後のエビスビール)も経営難であったため当時理事であった恭平を派遣し、経営改善に当たらせた。恭平は、銀座にビアホールを開くなどビール需要増大に力を注いだ。また、ビール業界間の再編に着手し、渋沢栄一や内閣に働きかけ、ビール業界の合併勧告を引き出し、恭平が経営していた日本麦酒と大阪麦酒(後のアサヒビール)、札幌麦酒(後のサッポロビール)を合併し、大日本麦酒を誕生させる。この大日本麦酒は、当時のビールシェアの79%に達し、恭平は「ビール王」と呼ばれるまでになった。
 また、恭平はビール業界だけではなく、多くの三井系の会社に関係するほか明治29年には、衆議院議員に、大正13年には貴族院議員に就任している。地元に対しても井笠鉄道の初代社長に就任するほか莫大な寄付を行い、井原の発展に貢献した。