top地図北エリア地図南エリア探してみよう館長挨拶井原の歴史人物伝井原の歴史人物伝マンが井原昔ばなし井原の伝統芸能
トップ > 検索 > 一覧 > 井上芦仙


いのうえろせん
井上芦仙


 年代     1872 - 1941
 掲載ページ  58
 活躍分野   芸術家

 井上芦仙は、後月郡井原村(現在の井原市井原町)に生まれ、画家を志して、大阪の小野晴雲のもとで日本画を学んだ。その後、京都の菊地芳文の画塾に入り、円山派の流れをくむ四条派の画法を習い、塾頭を務めた。大正13年(1924)に、故郷の興譲館に招かれ、図画教師を勤める傍ら画筆に親しみ、昭和11年に退職した後は、画業に専念し、数多くの力作を残した。芦仙は、絵画のほかに俳句など文芸にも秀でており、亡くなった後に親友大山素彩によって句集が発刊された。